CATEGORY にゅう工房

エロ漫画 娘の同級生のあの子、視線が気持ち悪いのよねEX 人間操りボタンを使われました

娘と仲が良い訳でもないのに、いつも近くに来て困っている。
言っちゃ悪いけど、視線が気持ち悪いのよね…あの子。

え…!ちょ、何…

—————-
「よし、意識戻れ!!」
その言葉と共に私は我に返る、と同時に、
顔にとてつもなく不快な液体をぶちまけられる…
それは『精液』だった…

混乱する私、そして私の上には、あの子が跨っている。

真横で、娘が全裸で股間をいじりながら撮影をしている、
意味が分からない、私は、本当に意味が分からなかった。

娘が撮影していた動画を観て、更に戦慄する。
私は、自分の意識ではないままに、つまりこの子に操られて、
この娘の同級生のちんこを必死でしゃぶり、逆●●プし、
あり得ない痴態をさらしていたのだ…

そう、私は、視線の気持ち悪いあの子に、

「操られた」

私は動画を元に脅され、逆らうすべもなく、
目の前で中出しされる娘を見ていることしかできなかった。

——————–

あいつが果穂のお尻触ってた!!
私は果穂を守ってあいつから引き離した。
でもなぜか私の方が職員室に呼ばれて
帰るのはずいぶん遅くなっちゃった…

家に帰ると、あいつがいて、ママがおかしくなっていた。

大声をあげたつもりだったけど私は全然声がでなかった…
もうすでに私も「操られ」ていたのだ…

ママがあいつとセックスしている…
私にお尻を舐めろと命令してきた…私の身体は、私の意思とは無関係に
あいつのお尻の穴を舐めまわした。

もはやママは、私のことはどうでもよく、ただただあいつに気に入られるようにだけ
行動している…私には、一切の逃げ道がなかった。

———————
原作にゅう工房、作画ヂイスケ先生の共同制作、
母娘を性奴●にしちゃう本作をぜひお楽しみください!
本文24ページ

エロ漫画 田舎に手伝いに行ったら夜伽付きだった件EX

基地局から遠すぎてインターネットが使えない…
そんな田舎に来ていた。

でももう大丈夫、この最新機器があれば、衛星と直接やりとりしてインターネットが使えま… …

いやーー助かったよ!ありがとなにーちゃん!!
おしぼりです、どうぞ。

弾けるような肉体でめちゃくちゃ美人の虎子さん、
大人しくて可愛らしい女の子の兎美子ちゃん…

大学の後輩の実家にネット回線の手伝いに来た俺は、
美人2人におもてなしされて大満足だった…

たまに(常に)ハプニングで乳首が見えてるし…

そんなちょっとしたエロハプニングも楽しみながら、
気持ち良く歓迎されてとても良い気分だった…

————————

事態は一気に動き出す、オレにとってご褒美だった
美人2人とのコミュニケーションは、もっと濃く
直接的な形で訪れる…

そう、ここでは、
エッチなおもてなしが当然だったのだ!

豊満な肉体と、未熟な肉体がオレを囲んで快感を与えてくれる…
射精したら、嫌がるどころか進んで口に含む…

オレの知らない世界がそこに広がっていた!

信じられないほどの気持ち良い穴を’生’で体験し、
何歳も年の離れた処女ともHした…!

何度も何度も、生で挿入し、一番最奥に射精する…

そんなエッチな物語を、お楽しみください。

——————-
本文18ページ 原作:にゅう工房 作画:桐下悠司
何卒宜しくお願い致します。